メインイメージ

代車費用はいくら?

愛車が事故車となった場合の代車費用

不幸にも事故に見舞われた場合、愛車が修理を必要とする場合があります。

その修理の程度にもよりますが、部品交換を必要とする場合などは一日で修理を完了させることは難しいでしょう。

そういった場合は、事故車となってしまっている期間の間は、必要に応じて代車を使用する必要が出てきます。
ですが、代車も当然無料で貸し出しが行われているわけではありません。

こういった場合には、誰が費用を支払い、どのような基準でそれを認めるのかということが問題になります。

相手の車に完全に非がある場合、つまり100:0の過失割合が認められた場合は、ほぼ確実といっていいほど相手に対して費用を請求することが可能になります。

ただし、その借りる期間や相手、一日の使用料などは事前に打ち合わせをしておく必要があるでしょう。
よく問題になるのが、100:0の過失割合が認められない場合です。

自身にも少なからず落ち度がある場合は、車を使う必要性があると判断されなくては、費用を請求できない場合があります。

その基準となるのは、車が間違いなく必要であり、事故車となってしまったことで生活に支障が出る場合です。

例えば毎日通勤に使ったり、子供を幼稚園や保育園には送迎しなくてはならない、また病院に通院しなくてはならない場合などの場合は、費用が認められます。

これに加えて、住んでいる場所が電車やバスなどが無く、普段の生活に車両が必要であると認められた場合にも費用は請求できるでしょう。

また友人や知人に車を借りたりして、それが無償であった場合などには基本的に代金の請求は出来ないものと考えられます。
代車を使う期間についても基準が存在しています。

認められる機関は基本的に、事故車の修理や買い替えに必要となる期間であるとして認められることが殆どです。

つまり、通常であれば事故車の修理や買い替えが完了しているであろう期間を超えての請求は基本的に棄却される傾向にあります。

こういったような様々な条件が代車を借りる際には発生しますが、場合によっては自分が契約している保険会社が準備をしてくれる場合などもありますので、詳細な手続きや費用の負担などは、自分が契約している保険会社に確認を取るようにするといいでしょう。

Copyright© 2014事故車が時価で取引される理由と他、全壊の事故車の扱いについて All Rights Reserved.